いえはぐ

  1. TOP
  2. コラム [一話一絵]
  3. アオハルと999

コラム [一話一絵]

アオハルと9992022.03.07

この春、うちの子が中学生になります。
アオハルのはじまり。
ぜひ謳歌して欲しいと願うオヤジです。

アオハルといえば、銀河鉄道999。
「私は青春の幻影」とつぶやいた
メーテルを思い出しました。

数奇な運命に翻弄される鉄郎と、
幻想的なメーテルとの出逢いと別れ。

勇気と優しさと切なさが、
子ども心に刻まれたなぁ。

そして松本零士先生は、
思想や姿かたちの違う者を物語でつむぎ、
冷戦後の世界に警笛を鳴らしました。
決して抗わないでと。

国という単位と、
そこで暮らす人の思想は依然存在する。

やからこそね、
互いが尊重しあって共生すべきだと、
みんなが望んでいるんやないでしょうか。

家族もそう。
些細なすれ違いでいざこざを起こしたり、
「相続」が「争族」になるなんて、
誰も望んでいません。

♪ さあ、ゆくんだ。
その顔をあげて。
新しい風に心をあらおう。
古い夢はおいてゆくがいい、
再びはじまるドラマのために ♪

ゴダイゴのこの唄に勇気をもらって
挑戦し続ける人はたくさんいます。
ボクもそのひとり。

それらの行動が、あらゆる人と人とをつなぎ、
世界が笑顔であふれる日を待ち望みたい。

999のラストを飾ったテロップは、
「そして、少年は大人になる」

いえはぐは、お偉いさんにもの申す。
今こそ、大人になってくださいねと。